Kakkaのブログ

ベース弾き、コンポーザー、ちょっとマニアな内容満載かもです

アレムビック シリーズ1とシグネイチャーベース(Alembic bass)

現在所有しているシリーズ1と以前持っていたスタンリークラークシグネイチャーモデルの写真を並べてみた。たまたま同じココボロ材だったのでよく似ている。

明らかな違いは2つのピックアップの間にハムキャンセラーがないこと。

シリーズ1はシングルピックアップなのでハムキャンセラーでノイズを防いでいるが、シグネイチャーには2つのAXYというピックアップが搭載されている。これはハムバッキングのようでハムキャンセラーはついていない。

シグネイチャーシリーズはパワーサプライから電源を供給することがないため5ピンキャノンは搭載されず、006P2個でサーキットが駆動する。ちなみにフロントとリア出力を各々単独で出せるのはシリーズ1だけの仕様になる。

古いシリーズ1では、パワーサプライなしで2つのピックアップの音を出せず、本体のフォーンジャックからはどちらか?の出力だけだったようだが、最近のモデルは両方の音を出せるのでパワーサプライがなくともそんなに困らない。

あと見た目の違いとしては、シグネイチャーシリーズにはピックアップセレクターが無いのでピックアップの切り替えは2つのボリュームで行う。

またハムキャンセラーがない関係かピックアップの位置も異なり、シグネイチャーはややブリッジ寄りに配置されている。シリーズ1は指板のエンドからフロントピックアップの位置が近いのでスラップ時に少し慣れが必要かもしれない。

もちろんピックアップの位置が音色に多少影響はしているかと思う。

両方使ったことがある立場で考えると、デザインバランスは間違いなくシリーズ1のほうが良いと思う、シグネイチャーはなんとなく間延びした印象だ。

コントローラー関係は基本的に変わらず、2つのボリュームと2つのQコントローラーと2つのQコントローラーの周波数を3段階に切り替えるスイッチが付く。

アレムビックの音作りはかなり難解でQコントローラーを少し変えるだけで音が変わる箇所があったり、このQコントローラーは単純に回して低音が強くなるとかではないのだ。シンセのフィルターのように「ミャン」という感じで回し過ぎると欲しいポイントからすぐ外れるし、フロントとリアの2つのQコントローラーをいろんな配置にすることで全く違う音になる。慣れるまでこうしたらこんな音になるというイメージが頭に描くことができないのだ。いまだに想像したのと違う音が出たりするのが実態。シリーズ2になると、このQ周波数を3バンド固定ではなく、可変式のようなのでさらに難解になるんだろう。

シグネイチャーも同様のサーキットなのでもちろん音は似ているが、パワーサプライをつないで音を出すと、シリーズ1はパワーアップしたかのように音圧が上がるイメージである。まだ試していないが卓にパラレルで接続して、バランスを取りながらレコーディングしたら楽しいかもしれない。

いずれにしても、マニアックかつ使いづらいベースであるとは思うが、唯一無二の楽器とも言える。

 

 

ボーカル処理

今回ボーカル処理に挿したプラグインを公開してみた。

Repitchはメインボーカルのピッチ修正にはしたが、タイミング調整で使うには動作が重いのとタイムラインが見辛く使いにくいので、ピッチ修正後にオーディオデータに一旦書き出し、CubeseのVariAudioでタイミングを調整した。

その後 まずVocalRiderでボリュームコントロールを行い、コンプである程度ならして、最近よく使うwavesのマルチコンプC6で声に合わせて帯域ごとに制御する。C6のメリットは4つの帯域に分割して制御できることに加え2ポイント自由に帯域を決めて、持ち上げたり抑えたりできる点。私自身はこの2か所はだいたい引っかけて持ち上げたいポイントに使うことが多い。たとえばベースなどでは単なる低域ではなく、アタックに関わる箇所のようにアタック感を出すことで曲全体でうまく存在感やグルーブ感を出すことに役立つ部分になる。

ボーカルでも耳が痛い部分のみ抑えたり、アタック感を出したい箇所を強調したりするときにEQにはない使い方ができるのがお気に入りである。ダイナミックEQも似たような機能ではあるが、こちらは大まかなに帯域ごとにコンプで制御しながらピンポイントでアタックを出したりできるのがとても便利。マルチコンプって最初はとっつきにくい感じでついプリセットを使ってしまうが、このC6に関してはうまく音を作むのにとても便利なツールだと思っている。

さてちょっとC6の説明が長かったが、その後はビンテージニーブっぽいEQが特徴のWaves Sheps73で艶感やキレを強調しながら、今回最後にBrainworxのサチュレーターで若干の歪みを付けた。ボーカルってオケと合わせると単体で聴くのと違う響きを感じることが多い。サチュレーターでの歪みは単体で聴くと抜けが悪くなる印象もあるが、オケと合せると逆に馴染むことも多いので、いろいろ試すのがいいかと思う。

ただしここで大切なことは、サチュレーターを通すと、全般的に原音よりゲインが上がる傾向なので、この音が大きくなったことに引っ張られず、その場合はトラックの音量を下げながらちゃんと判断する必要があるかと思う。

結局のところ歌の作りこみも正解など無いんだと思うが、私の場合はEQよりもC6のようなマルチコンプで大枠の音を作りこむことが多い。特に最近は最終各トラックをBIG SIXでサミングするため、最終SSLのチャンネルEQで補正したほうがプラグインより艶感を感じるため、DAW側では抑え気味にすることにしている。

 

 



 

 

UVI Prime 8+(Roland TR808 Drum Machine)

毎年恒例のブラックフライデーの時期が来た。もともとは海外でのクリスマス商戦の名残のようだが、最近はイオンとかでもセールがある。個人的には日本のセールとしては違和感を感じるのだが。

で、、この時期になるとDTM業界がにぎわう。いろんなソフトウエアブランドが大型のセールを展開してくる。中にはこの期間だけ無料配布するプラグインもあったりする。

もちろんこれも顧客新規開拓の手法ではある。今年の目玉とは言わないが、前哨戦としてUVIが今回UVI Prime 8+を無料配布してきた。比較的新しいプラグインを無料にする潔さ。UVIには申し訳ないが、以前にDigital Synsationsも無償でもらっていて、結局UVIでは何も買っていないのに2つのプラグイン音源を所有している。そろそろ何かお布施をすべきなんだが、、、Arturiaに流れてしまいそう。

今回のUVI Prime 8+はUVIのプラグインエンジンであるUVI Workstatonで動作する。これは以前のDigital Synsationsも同様。ただ今回このUVI Workstatonがメジャーアップデートをしており、それに伴いインストールやプラグイン管理がUVI Portalで実施する仕様に変更されていた。そのため無償のUVI Prime 8+のアクセスキーを入手してから、UVI PortalをDLして、UVI PortalでUVI Workstatonをバージョンアップし、以前から持っているDigital SynsationsとUVI Prime 8+をDLしてインストールする手順となる。

これがなかなかのボリュームでそこそこ時間がかかったのも事実。

なんとかDLとインストールが完了したが、新規インストールしたUVI Prime 8+は別途iLok(ソフトウエア形式で良い)オーソライズが必要という不思議。UVI Portalがあるのにそこにはオーソライズ管理機能は無かったようだ。

まあ以前からUVIはiLokで管理していたので特に問題はないのだが。

結局現在iLokで管理しているのはUVI製品とSSL本家のプラグインiZotope傘下のExpornential Audioのリバーブ類、Relabのレキシコン480、SyncroartsのRepitchと結構な数になった。

 



新たなサポートが始まりそうです。

バンド系の交流サイトからメッセージが届き、とある女性シンガーから曲制作のサポート依頼があった。詳細を聞くと和歌山県のとある制作会社(レーベルのように記載はあるがボーカル教室などもしているようだ)で何曲かシンガーとして制作した音源があった。正直クオリティ的にはいまいち。ただその会社のHPにはSSLのラージコンソールの写真が掲載、マイクはノイマン87も掲載と一見本格的なレコスタに見えた。

クオリティに疑問を感じたので、そのシンガーにそのことを聞くと、実際のスタジオ写真では無いとの話。それって詐欺?無断掲載?なのでは??

どう考えてもそれほどの機材を扱えるエンジニアさんのクオリティには程遠いの納得はできたが、むしろこんな掲載するほうがクオリティを考えると逆効果なんじゃない??と思う。そんなに見栄貼らなくてもいいし、そんな暇があったらスキルを付けるほうが先じゃないかと。おまけにイベントや映像など多角的に営業しているようだが、音に対するクオリティを考えるとプロと言えないような人にお金払ってやる人なんていないんじゃないかと思う。まあ個人ならこんなもんなんだろう。

当のシンガーは年齢ではベテラン層だが、歌自体は声質含め魅力的に感じている。おそらくこの環境だとほとんどピッチやタイミング調整など歌を作りこんではいないと思うので、それでこのレベルならちゃんと録って調整するとかなり良い仕上がりになるかと思う。歌詞はいくつかもらったのでちょっとやってみよう。

ベースの日

11月11日はベースの日。

ちょっと遅れたが4弦ベースだけアップ。

イクランドショアラインのジャズベース以外はかなりニッチなモデルとなった。

思い入れが強いのはやはり人生の転機となったフォデラ。これで残りの人生楽しむ決意で手に入れた。一本だけ残すならこれを残すだろうと思う。まだまだ演奏したいので、もうちょい頑張りますが^ ^

f:id:katoaudio:20221113074250j:image

 

Synchro Arts RePitch のタイミング調整機能について

以前曲を作った浜松のユニット Ticker's Hypeの2曲目を制作中。曲自体は数か月前にできていたが、ようやくボーカルトラックのデータが届いた。
今回Synchro Arts RePitchでピッチ調整とタイミング調整を行うことに。

この間 RePitchはいろんな場面で触るようにしていたので、操作全般については大きな問題はないが、きちんとまとまったオーディオトラックを操作した場合は、動作は軽くなる。コンピングした場合だと複数のオーディオトラックを編集することになるため負荷がかかることになるので理屈としては納得できる。

どうやらRePitchで修正する前にトラックコンプしたものを単一データとして書き出した方が良いのかもしれない。

さて、今回はタイミング修正についてになるが、RePitch画面の操作ツール選定部分の左から2番目の波形のようなマークを選択し、タイミングを変更したい箇所でシフトキーを押しながらクリックすると調整ラインが表示されて調整できるようになる。

同じ方法で調整ラインの削除も可能。

操作性ではVariAudioと大きく変わらないが、タイムラインが表示されず、視覚で調整が難しい。これは早急な改善を求めたい。またやはり重く、ウインドウの表示変更にも時間がかかるため、これもNGポイント。

使っているうちにだめな点も多く見つかってきたが、音が良いのでなかなか戻れないのも事実。まあもうちょっと使いながらバージョンアップを期待したい。

Repitch



 

SSL BIG SIXを導入してよかったことや課題など 

Solid State Logic社のBig Sixを導入して2か月ちょっと経過した。購入時のはしゃぎ気分も収まったころになるので、冷静なレビューを書いてみようかと思う。

それなりに高いのでまだまだ導入している人は少ないかと思うが、今後の参考にしていただければと思うし、SSL自体がもっと良い製品を作ってもらいたい気持ちも込めている。

全体としては、導入してよかったと思っている。これまで新旧問わずラック式のプリアンプやコンプを使っていたし、オーディオインターフェイスもUNISON機能を有すAPOLLOを使っていた。今回の導入でこれまで複数の機材でやっていたことが1本のコネクターで実現できることは大きい。機材設定なんてシンプルに限る。

BIG SIXという機材の機能を要約すると、16チャンネルのAD/DAコンバーターのオーディオインターフェイスSSL Super Analogueマイクプリが4チャンネル、4系統ステレオLINE入力、SSL のBus Compとなる。

なので何ができるかというと、①同時に4チャンネルまではファンタム電源に対応したプリアンプでレコーディングできる。②加えてステレオで4系統までシンセなどの入力に対しレコーディングできる。③アナログ回路やコンプを通したリアンプができる。④最大16チャンネル(モノ4、ステレオ12)のサミングミキサーになる。⑤サミングした音源をモノ4、ステレオ4ではEQで音つくりし、バスコンプを通してレコーディングできる。これまでオーディオインターフェイス、マイクプリアンプ、サミングアンプ、コンプレッサーでやってきたことが1台でできることには大いに意義がある。

もちろんインターフェイス付属のプリアンプやもっと低価格なインターフェイス内蔵ミキサーでも同じこと(もっと上かも)はできるが、SSLの音でできることが大きい。SSL Super Analogueプリアンプも思った以上に良く、クリアで存在感のある音が録れるので、BAEも使っているが無くても大きな問題はない。

また良い点としては、MACではドライバーも不要ですこぶる安定して動作することも大きい。かなり前のフォーカスライトなど不安定だった。

ヘッドホン出力の音も良く、2系統あるのでRNPは全く使わなくなった。

じゃ不満点は?? ちゃんとある。

①まずマニュアルがわかりにくい。というかある程度の知識がある人でなければかなり困るかと思う。日本語マニュアルはネットで公開されているが、コンシュマーをターゲットにするなら接続例などをいろいろ書いてあげたほうが良いかと思う。

②空間系エフェクトは内蔵されていないので、レコーディング時のモニター用のリバーブ設定には少し工夫が必要になる。ハードを別に用意すれば便利かもしれないが、シンプルなシステムには邪魔でもある。ただSSLがここに空間エフェクトを内蔵するとなれば、それなりのクオリティを要求されると思うし、このミキサーはアナログミキサーとして高品位であることが前提なので、ここは無理する必要はないかと思う。ならばDAW側のエフェクトを活用するルーティングをもっとわかりやすくマニュアルに表記してあげればいいかと思う。

③チャンネルEQはすごく良いけど、ステレオ4系統にもBELLボタンが欲しかった。このBELLボタンでかなり音が変わるので、あったほうが音作りの幅が広がる。

④チャンネルコンプはモノ4系統で良いけど、もうちょっと設定が詰められるようにならないものか? これはコストとスペースで無理もあるのだが、、、このコンプ効きすぎる。ベースなどではノブを最小にしてもすぐ効くので(もちろん入力ゲインも関係するが)、もうちょっと詰められたら嬉しい。

⑤これもマニュアルに関係するかもしれないが、各セクションの位置が一般的なミキサーよりわかりにくい部分もある。これは狭いところに機能を詰め込んだため、そうせざるを得なかったことも理解できるため、このあたりはマニュアルでの整理しかないのかもしれない。最近使っていてわかるのは、リアンプ、サミング、歌録りのルーティングを紙にでも書いて貼っておいたほうが迅速に対応できるのではないかと思うほどである。

あと、最後の不安は耐久性だけかと思う。そこそこ熱を持つのもあるし、ミキサーなのでホコリも溜まりやすい。自身でもメンテできる部分はやるが、本格的なミキサーのようにモジュールごとに外せないので無理はある。

 

さて、ここまでいろいろ書いたが、トータルとしてはかなり満足していて、おかげさまで単体のエフェクトを欲しいとか、あまり思わなくなった。バスコンプもEQもSSLとしては簡易版ではあるが、クオリティは高いので、設定上できる範囲は決まってくるため結果的に音決めはしやすいことになる。機能が豊富であり作りこめる幅が広がることは、裏返せば決断できず時間の浪費にもつながる。短時間で一定レベルのクオリティを作りこめることは重要。
音楽を作るということを優先するなら、より曲作りやアレンジに時間をかけていくほうがベターだと思う。

SSLはピーターゲイブリエルが加わって確実に変わったと感じる。我々が手に入る選択肢にSSLが入ってきたのだから。XLogic期でも、まだまだ高いとはいえ、手が届く価格帯に降りてきた。実際α-channelも以前持っていたので衝撃だった。

でも今回のBIG SIXはそれを数段上回るわくわくを届けてくれた。このことは素直に感謝したい。先日USBマイクもリリースしたし、これからも期待したいと思う。あのSSLが、、、ちょっとヘリ下りすぎかもしれないが、トレンドはつかんでいるんだろう。

唯一悲しいのはα-channelはUK、BIG SIXはChinaなことくらいかw