ちょっとマニアなブログ

ベース弾き、コンポーザー、ちょっとマニアな内容満載かもです

コロナワクチンの開発はNIHだった

アンソニーファウチの闇を書籍にしたアメリカ大統領候補のロバートケネディジュニアが、mRNAワクチンの開発はアメリカのNIH(国立衛生研究所)だと発言した。

NIHの当時の所長はもちろんファウチ。特許の50%はNIHが所有している。製造したのは軍の請負会社であり、それにファイザー、モデルナがラベルを貼っているようだ。

 

既にコロナウイルス自体が武漢研究所からの流出したという説は海外では当たり前になってきているし、ワクチン問題についても海外ではかなりの情報が出てきている。

 

RFKジュニアの話も含め、日本ではいまだにワクチンを打っているし、ワクチン問題がほとんど公表されない。しかもしれっと救済予算だけ桁違いに増やされている事実もある。政府はやはり国民のために存在していないとしか思えない。

これまでいっぱい騙されてきた。年金問題郵政民営化小選挙区制などなど、政府が言ったことは国民のためになることはほとんどせず、利害関係を追及してきた結果、自民党の一強となった。経団連もこれに同調し(まあ彼らも金融資本家の傀儡だし)、歯向かった政治家はいろんな方法で抹殺された。

中国や北朝鮮やロシアが悪だとか言える立場ではないだろう。中国が反日であることなどを植え付け、ロシアとソ連を混同させ、日本は良い国。民主主義だと思わせて反中、反ロシア感情を国民に持たせることで、欺いてきた政府(背後はアメリカの資本であろうが)をいつまで信じればわかるのだろうか? 本当に日本は危機的な状況だと思う。

話は変わるが、種苗法も改悪(だいたい法令を改定するときは改悪が多い)し、農家が自分で作った作物の種で栽培できないようにした。ここにも特許があり、モンサントなど海外資本の企業が全て所有するような動きになっている。

自給率を高めたくても、アメリカの言いなりで減反しているバカな国。これが日本政府。農業を守らない政府など本当に変えていかないと終わる。

政治家や官僚は自己利益をいい加減に捨て去れ。でないと必ず自分にかえって来るぞ。

人間として少しだけでも良心を持つなら、こんなことはできないだろう。

 

 

ルーヴル美術館やベルサイユ宮殿の予約について

ルーヴル美術館やベルサイユ宮殿は事前に予約するべきとのことだったので、予約をしてみた。

ミュージアムパスの購入後でないとできないのかと思っていたら、まだ買ってなくても予約ができるのだ。正直遅れをとった。

ただし入場者の氏名は必要なので、参加者が確定していることが前提。

前回ミュージアムパスは公式で買うべきと書いたが、今回役になったのはジャパンの説明。見なくてもなんとかなるかとは思うが、ベルサイユはちょっとわかりにくいかと思う。ベルサイユの登録で郵便番号はハイフンを入れないとダメなので注意が必要。私も何気に数値だけではじかれた。ルーヴルはハイフンなしで完了した。
ちなみに双方ともプリントするを選択すればPDFで保存できるので、出発前にプリントアウトしておけば安心かもしれない。
ルーヴル、ベルサイユは3ヵ月前から予約できるようだが、サントシャペルはまだ無理で、2か月前のようだ。大英博物館も予約できたので、残すはサントシャペルくらいか。

 

ヴェルサイユ宮殿入場予約方法 | パリミュージアムパスジャポン(コンビネゾン合同会社)

 

ルーブル美術館の入場予約について

パリ ミュージアムパスの購入

パリで複数の施設を見学する場合、ミュージアムパスがお得と聞いたので探してみた。

リアルに現地でも買えるようだが、手間がかかるので事前にネットで買うほうがいいかと思う。

公式サイトのようなものがあって、下記のリンクになる。

日本語表記で分かりやすいが、ここで買うと実は高いのだ。

公式に見えて日本法人として別会社が運営してる。

ここだと2日間で13,190円、4日間なら16,390円

パリミュージアムパスジャポン(コンビネゾン合同会社)

 

本国の公式サイトだと、フランス語を変換して英語表記もできるが、2日間で62€、4日間で77€で、それぞれ本日レートだと10,672円、12,452円となり、一人あたり2,500円~3,900円も高い。2日間としても2人なら5千円が浮く。フランスサイトで購入しても、自宅でプリントアウトもできるし問題なさそうだ。下記リンクからアクセスできるのでご注意あれ。

 

www.parismuseumpass.fr

 

トランプ元大統領とプーチン大統領は必ず否定するヤフコメ民

いつもながらのことだが、トランプ、プーチンコメントにヤフコメ民の批判が殺到する。ニッキーヘイリーを応援するのも同じ連中。

ニッキーヘイリーなんて、なぜ大統領に出てきているのか理解できてないのに。

ネオコン勢力から多額の選挙資金を得て、先日のネバダでは本来出る必要のあるほうの党員予備選に出ず、パフォーマンスの予備選にだけ出た(こっちにはトランプが出ていない)彼女の役割として考えられることはトランプを予備選を長引かせてで少しでも消耗させることか、仮にトランプが何らかの問題で撤退することになったとき、最後まで引っ張って残っていれば共和党候補になれて、民主党に負けるので、ネオコンが喜ぶ。この程度の存在。

本日のニュースでもロシアでナリワヌイが亡くなったことについて、トランプが発言しないことに意見をしたようだが、ナリワヌイの本質的な中身が分からない中で何をコメントするのかむしろ疑問である。

ヤフコメ民は、未だにトランプのロシア疑惑を信じている。これは本気で情弱。

ロシア疑惑にヒラリー陣営のでっち上げだと言う情報が本国で出ているが、大手メディアで報道しないから、陰謀論だそうだ。表メディアで言うこと以外が陰謀論なら表メディアを押さえているネオコンには情報戦で勝てないとタッカーカールソンに語ったプーチンの発言はより真実味を増す。

先日もあの悪名高きジョージソロスが大手ラジオ会社を買収したと報道されたが、それでもまだ信じる大衆の怖さを感じる。

こんな流れを一度感じると、トランプ、プーチンのように表メディアに叩かれる人間にこそ信用できると思えば、むしろわかりやすいんだよな。

今まで表で絶賛された人、たとえばアウンサンスーチー、グレタ、周庭(民主の女神って人)。みんな信用しないほうがいいってことかな。
ただ悩ましいのはネタニエフ。明らかに虐殺しているようだが。。

話はそれるが、アドルフヒットラーの語録がXに投稿されていて、今の世界の状況を予想していた。ホロコーストという非道なことは許され難いが、なぜユダヤ人をターゲットにしたのか?という疑問の一部回答になっているのかもしれない。
ただ重要なのは、ユダヤ人が悪い訳でなく、一部の強烈なシオニストが問題を大きくしている気がする。

ウクライナ復興会議

本日何故か日本で開催されるようだ。マスコミでは話題に上げられていないが、またもや多額の支援金が流れることになるだろう。

というかまだ戦時下であるのにウクライナ首相が日本に来て復興会議だと。

普通では考えられないのだが。 最後の砦とまで言われたアウデーフカが陥落して、もう打つ手はない状況で、国民をごまかすためにロシアの民間施設へ攻撃しているゼレンスキー。アウデーフカへ固執をやめるようにしたザルジニーを追い出した結果が予想通りの状況を生んだ。

未だにゼレンスキーが海外支援を求めるのは、単に延命措置と海外の市民の税金を須模試でも集めたいのだろう。いずれにしてもいい加減にしてほしいと本音で思う。

もうこの戦争で国民を苦しめないで欲しい。

Casio G-Shock GST B100

海外旅行用に頑丈で高くない時計を探していてフリマサイトでユーズドを手に入れた。

G Shockは初号機が発売された時に買って、数十年ぶりとなる。しかもデジタル表示のないオールアナログ表示タイプでブラックメタルという過去とは別のバージョン。
海外旅行用でもあるため、基本的にソーラーでスマホリンク機能を搭載したものを探していたが、ごく普通のタイプでも新品だと2万円前後からになる。
できれば他人と被りたくなかったのもあり、このモデルとなった。
一般的にGST B100はシルバーのステンレスだが、これは今は販売されていないブラックコーティングになる。実際の使用を考えるとステンレスのほうが見やすい気もするが、、

設定には、専用アプリを使うのだが、さすがにGショックは種類も多いため、機種により機能が異なるため、一つのアプリで複数機種を管理することになる。なので自分の機種を選ぶ必要もあるので、少しわかり辛い。 左下のボタンを2秒くらい押すと、ブルートゥースで同期しようとするので、あとは接続が成功するのを待つだけ。
同期完了すると時刻がスマホと同期する。
ちなみにスマホ連動でアラーム設定やスマホにアラームを送る(いわゆる探す機能)もあるようで、さすがにSNSやメール通知はないにせよ、時計としての本来機能は優れていると感じた。
秒針だけは何故か遅れて同期されていくので、気にせずに放置するのが良い。
機械式時計に慣れている人間なら重さもさほど気にならないが、さすがに50ミリはデカい。まあスポーツウオッチとしてならこんなもんか。 まあデジタルではなく全てアナログ表示なのがこの機種の特徴だが、単純に時刻を読み取るにはデジタルのほうが良いかもしれない。

 

f:id:katoaudio:20240216154518j:image

 

日本と核

仕事関係で周囲には日本共産党の人が多いのだが、彼らは非核三原則を主張している。

非核三原則は当日の首相であった佐藤栄作仲小路彰氏の意見を踏まえて打ち出した政策ではあるが、仲小路彰は戦後早い時期から今の日本を予測していたようだ。

佐藤栄作は、岸信介と同じくCIAから多額の資金援助を受けていたエージェント的な役割だったと、伊藤貫氏が語っています。
そのため佐藤栄作は当時ニクソン核武装し独立しては?との提案を拒否した談話もあるようです。日本に対する核武装は前トランプ大統領も安倍首相に提案したようですが、安倍首相も佐藤栄作同様にCIA資金援助の関係でお茶を濁したようです。

その後首相を降りてから、安倍氏アメリカの核の傘に対する不安定要素を訴え、核シェアなどの発言を行っていました。ウクライナ紛争の真相発言も含めCIA側にとって邪魔な存在となったことから暗殺されたとの話もあります。(山上単独では無理があります)

伊藤貫氏は、故中川昭一氏とも懇意だったようで、中川氏も真剣に日本の独立を考え、核開発をすすめるべきと言っていました。またアメリカのキャッシュディスペンサ―じゃないとの発言もした中で、間違いなくハメられて、泥酔会見の後、謎の急死に至っています。やはCIAに逆らうと暗殺されるのでしょう。

戦略核と戦術核という言葉を聞きますが、どちらも核兵器で、戦略核はけん制機能を水得たもので戦術核は実際の使用を想定したものとなります。

より具体的な内容としては、戦術核は小型となると考えても良いようです。

それでも強力な破壊力であることは事実ですが、比較的開発が容易であるため、ロシアの戦術核威嚇の成功で、北朝鮮や中国も戦術核の開発に焦点を当てているようです。

日本共産党も良く言う非核三原則は理想郷としては素晴らしいのですが、現実的だと言えません。スイスが永世中立国だとしても、背景は日本とは異なるのです。

理想はあったとしても、日本が真に独立するためには核抑止に頼らざるを得ないと思えますが、それをネオコンアメリカが許すはずもない。もし中川昭一氏のような政治家がトップに君臨して、アメリカでトランプが返り咲いたら、そのような大きな判断が近づくかもしれません。 ちなみに中川昭一氏が以前核武装自民党内で訴えたとき、一人だけ指示したのが麻生氏だったというのも不思議な世界ですね。