Kakkaのブログ

ベース弾き、コンポーザー、ちょっとマニアな内容満載かもです

パラブーツ シャンボードのオールソール交換

前回載せたパラブーツ  シャンボードを少し詳しく説明。写真はオールソール直後のもの。

ソールはかなり分厚く、クッション性も良いので歩いていて疲れにくい。

ただし話に聞くほどインソールが沈み込むことはない。インソールの素材自体が硬いので足裏が痛いこともある。正直今までで1番疲れないソールは、Dr.Martin だった。それでもオシャレな靴でここまで疲れないのもパラブーツ らしさだろう。サイズ選びは難しくこのマロンはUK9で、カフェとブラックはUK8.5だ。自分が甲高なのもあるが、羽根を適度に閉じさせるには大きめでないとダメ。その場合は爪先が余る。

逆だと羽根が綺麗に閉じないし、少し小指が詰まり気味で長く歩くと痛い時がある。

まあオーダーじゃないからこんなもんだろう。

あとマロンは汚れが目立ち易い。黒ずんだらなかなか落ちないし、クリームを塗ってもムラになりやすい。気になるならカフェかブラックを選ぶのがいいかもしれない。ただ僕はマロンの色合いが1番好きである。

ちなみにオールソールは、正規店で16000円くらいと、凝った靴の割にそんなに高くなく、普通のオールソール価格とあまり変わらない。

正規店でないと、このラテックスソールは他に入らないので、ビブラムとか他になる。

ただし、パーツが無いとか、あっても混雑してると2〜3ヶ月待ちなど当たり前なので、余裕を持って持ち込まないといけない。

f:id:katoaudio:20191213192402j:image


f:id:katoaudio:20191213192410j:image